• ホーム
  • ハラスメント防止に関する指針

ハラスメント防止に関する指針

職場におけるハラスメントは、個人の尊厳や人格・人権を不当に侵害する社会的に許されない行為です。また、職場の人間関係に悪影響を与え、社内の風紀や秩序を乱すことにより正常な業務の遂行を阻害することで、企業の成長や社会的評価にも影響を及ぼす重大な問題と考えます。

当社では、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、妊娠・出産・育児休業等をはじめとする各種ハラスメント行為を決して許さず、研修等によってハラスメントに関する知識や対応方法を社内で共有すると共に、すべての者の人格や人権を尊重し、役員および職員が互いに敬意を持つ職場環境の形成に取り組み、「ハラスメント行為を発生させない」、そして「許さない」 組織風土づくりをおこなうことで、企業としての社会的責任を果たして参ります。

2021年12月1日
株式会社ビー・エス・デー インフォメーションテクノロジー
代表取締役 佐藤 洋