沿革

株式会社ビー・エス・デー インフォメーション テクノロジーについて

平成2年、国税庁KSKプロジェクトへの参画を契機に、株式会社文祥堂において情報通信事業部門(SIS企画室)を設置し、事業を開始いたしました。令和元年に株式会社文祥堂から情報通信事業本部を分社化し、株式会社ビー・エス・デー インフォメーション テクノロジーを設立しました。

株式会社 文祥堂

大正元年(1912) 文祥堂佐藤商店を創業〈8月〉
大正8年(1919) 株式会社文祥堂設立〈10月〉
平成2年(1990) SIS企画室設置「国税総合管理(KSK)システム開発」に参画
平成9年(1997) 国税総合管理(KSK)システムを東京国税局管内全税務署にて稼動
平成11年(1999) 国税総合管理(KSK)システムを大阪局全税務署で本格運用
平成14年(2002) 国税総合管理(KSK)システム全国拡大完了記念祝賀会開催〈7月〉
平成16年(2004) システム・インテグレータ(SI企業)の認可を受ける
平成19年(2007) SIS事業部でISO9001認証取得〈12月〉
平成24年(2012) 創業100周年を迎える
全国健康保険協会刷新システム基盤導入案件に参画
平成26年(2014) プライバシーマーク取得〈1月〉
SIS事業部及び企画管理室がISO27001認証範囲に含まれる〈3月〉
情報通信事業本部を新設〈9月〉

株式会社ビー・エス・デー インフォメーション テクノロジー

令和元年(2019) 株式会社文祥堂の情報通信事業を分社化し株式会社ビー・エス・デー インフォメーション テクノロジーを設立〈9月1日〉
代表取締役に佐藤洋就任、資本金1億円